神戸クリニックでレーシック手術を受けるまで~

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は今や藤原紀香さんの旦那さん陣内智則さん体験談です。
神戸クリニックの吉田理事長との対談です。

やはり紀香さんが勧めたみたいですよ♪

レーシックをいつぐらいからご存じでしたか?

陣内
だいぶ前から知っていましたね。タクシーなどに乗っても広告があったりしたので…。
当初から目が悪かったんですが、恐いというイメージの方が強かったですね。
10年くらい前からありますよね?

吉田
そうですね、日本ではちょうど10年くらい前ですね。

陣内
目の手術があるのは知っていても、まさか自分がするとは思ってもみなかったし、コンタクトがあるし…  なんて思いながら過ごしてましたね。

レーシックを受けようと思ったきっかけはなんですか?

陣内
知り合いの人たちがレーシックを受け始めたんですよ。
自分が1番初めだったら、受けていなかったかもしれませんね(笑)
受けた人がいい!って言っているのを聞くと受けたくなりました。

吉田
受けていない人にとっては怖いイメージが強いんでしょうね。

陣内
目の手術ですから、初めは怖かったですね。
こんなに目が悪いのに治るわけがないって思ってました。

吉田
決め手はなんですか?

陣内
もともと興味はありましたし、奥さんや友人の勧めもあったので。
吉田先生は手術の時は緊張しますか?

吉田
手術室に一歩入ってしまえば、気持ちも変わりますし手術に集中します。
陣内さんは緊張されていませんでしたよね?

陣内
そうですね。そんなに緊張はしていませんでしたね。
手術が終われば見えるんだ!みたいな気持ちの方が大きかったです。
点眼麻酔もしますし、楽しんでましたね。


吉田
すごく緊張される方もいらっしゃるんですが、
しっかり目もあけておられましたね。
目を見れば、緊張度合いもわかるんですけどね。


陣内
吉田先生に執刀して頂くということもありましたし、手術中に声もかけて頂いていたのであっという間でした。
受けた人が声をそろえて世界が変わるって言うじゃないですか?
本当にそうでしたね。不思議ですよね。
中学3年生の時から目が悪かったので諦めていたのですが…。


コンタクトを使用しながらお仕事していて困ったことはありましたか?

陣内

もちろんコンタクトをして仕事をしていたので、困った事はたくさんありましたね。
ロケや収録中に埃やゴミが目に入ってしまうと、涙が止まらなくなったこともありましたね。
コンタクトしないと見えないし、目は充血してくるし。

あと、手術を受ける1週間前のメガネ生活の時に感じたことなんですが、目が悪くてメガネのせいで目が
小さく見えるんですよね。軽めの度数にしていたのですが、見えないと思考能力が無くなるんですよ。
本当に困りましたね。見えない事がこんなに辛いことなんだと実感しました。
おもしろいことも今までに比べると思いつかないし、イライラしました。集中力もなくなりますし。
本当に生きていく上で目が見える事は重要な事だと感じました。

吉田
極端に言うと、目で匂いも感じることができますし、音を聞くこともできると思います。
目で感じとれる情報量は本当にたくさんあると思っています。
それが眼科医になったきっかけでもあるんですよ。

陣内
僕もそう思います。コンタクトをとった後は、本も読めないしテレビも見えないしなにもできない状態でした。いざと言うときに身動きがとれませんからね。

吉田
僕は地震の時に感じましたね。その時はまだレーシックの技術が無かったですからね。
今現在の目の状態はどうですか?

陣内
正直、今はもう慣れてしまいましたね(笑)これが僕の世界みたいな感じです。
ありがたいですね。たまにふと、「あ~見えてるんだ」って。
その時にレーシックの凄さを改めて感じます。

吉田
これからは移動の時間でも安心して寝て頂けますね。

陣内
そうですね。
人と会ってもわからなかったんですよね。
すれ違っても気づかないとか、急いでいても掲示板の文字が見えないとか多々あったので、本当に受けてよかったですね。


では、これからレーシックを受けようと思ってられる方に一言お願いします!
陣内
ズバリ。レーシックは、受けない理由がないです!なんで受けないのかって思いますね。
相談をされたら、受けないという選択肢なんかないよと言いたくなりますね。
悩む必要もなければ、迷う必要もないですね。


吉田
10年前の陣内さんは悩んでいたんですよね?

陣内
身をもって経験しましたから(笑)
まず、痛くないし時間も短い!
手術中は、どんな風に見えるようになるのかワクワクしていましたね。
怖いのは解るんですけどね…。
検査もきっちりとやって頂けますし、安心して受けました。フラッと行って
すぐ手術とか言われると怖いですけど…。


吉田
さすがにそれは怖いですね(笑)。

陣内
でも本当に驚きです。目が良くなるとは聞いていたけど、ここまでとは思っていなかったですね。
最近嫌な事があっても、このことを思い出すんですよ!
目がよくなってる…こんな奇跡のようなことが起こるなんて…。人生変わりますね。
最近、嫌な事があっても目が見えるようになったんだから!と考えると、悩みも悩みでなくなりますね。

吉田
それは嬉しいですね!怖いなどの不安要素を1人でも多く取り除くことができればと思っています。
本日は、色々とお話を聞かせていただき、本当にありがとうございました。
今後のさらなるご活躍期待しております。

〔神戸クリニックHPより〕

だそうです。やっぱり裸眼は良いんですよね♪

僕も紀香さんに勧められたいです。。。  無理か・・・

神戸クリニック



スポンサーサイト
レーシックだけでは完璧でない???

そう! カスタムビューってランクUPの手術もあります。

詳しく説明すれば、CustomVue(カスタムビュー)とは、角膜の模様を分析し、あなただけのオリジナルのレーザー照射プログラムを使用し、見え方の質を高めるレーシック先進国アメリカで開発された最新の医療技術です。

角膜は、手の指紋のように、それぞれが異なる模様をもっています。より個人の眼の模様を正確に読み取り、オリジナルのレーザー照射プログラムを用いて治療します。通常のメガネやコンタクトレンズを処方する手法よりも25倍の正確さがあります。

その結果、例えば、同じ視力であっても、見え方の質が大幅に改善されます。(見え方の質とは遠くを見る際のゆがみ等を意味します)

ん~良いみたい。どうせレーシックするならついでにやるよね?
と説明会で吉田理事長にお聞きしました!

すると、『やったほうがハッキリ見える。でもやらなくても十分見える。見える見えないはレーシックの後にカスタムビューをやらないとわからない・・・僕は両方やってるんで違いがわかりますよ。夜景とか景色を見れば違いがはっきりわかるけどあんまり景色とかみないから差はないかあ???』と。

なんとも気さくな吉田理事長・・・
そのくらいならやらなくてもいいですか?と聞くと
『それは間違いなくやったほうがよく見えるよ』
とのお返事。
ん~悩むなぁ???
デメリットは角膜の切除量が多くなるとのことです。
因みに値段はレーシック(28万)+カスタムビュー(5万)の33万となります。
吉田理事長がテーブルに来るといろいろな質問攻めに・・・
みんなかなり真剣です。まあ皆さんの質問はほとんどはHPに載っていますよ!
やはり大事な眼なので不安なのでしょうね。
中には沖縄の娘に手術させたいとのお客様も。
ここでいい情報を仕入れましたのでピックアップします。

執刀医は指名出来る! 
(因みに吉田理事長は月1で各病院に来て手術するそうです)
 なら当然、吉田理事長を指名しますよね!

なんとイントラレーシックを導入していた!!
 今は札幌、神戸、小倉で試験段階だとか。でもかなりの人数をやってますとのこと。
 しかも3月まではレーシックの値段でイントラレーシックを受けることが出来ます。
 4月からは10万はUPするそうですよ? まだ金額は決まってないらしい。

イントラレーシックは誰が執刀医でも同じ!
 医師免許なくてもいいんじゃない?っておっしゃってましたけど・・・(そんなこと言っていいの?)
それぐらい凄い設備らしいです。

・最後に一番肝心な質問を
 レーシックとイントラレーシックではどちらがお勧めですか?

吉田理事長は即答で『イントラレーシックです』と!

今回の無料説明会は参加して大満足の結果となりました。
吉田理事長も凄く優しく、気軽にお話出来ましたしすべての質問に対して理事長の本心から
回答してもらえたと思います。
僕はこの理事長なら安心してレーシックを受けてもいいな♪
と思いました。
それに美味しいバイキングも食べれましたしね♪
やはり積極的に足を運んでみるものですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。