神戸クリニックでレーシック手術を受けるまで~

2008/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暑いですね~ 海に行ってきました! 水中も良く見えるし、綺麗で最高でした♪ 

コンタクトの心配しなくても良いって本当に楽ですね。 レーシックバンザイです!!!


今日は ドライアイ について説明していきたいと思います。

『ドライアイ』 とは涙の量が減ったり、涙の質が変化することによって眼の潤いが低下し

眼の乾き・充血といった症状を起こします。

日本国内では2200万人もの人がドライアイと言われ、パソコンを常用している会社員の

約30%が
かかっていることが分かっています。

特に、性ホルモン、涙の分泌量の差から女性に多いそうです。


では、レーシックを受けたらドライアイは治るのでしょうか? 疑問ですよね???


答えは、『根本的には治りません』 が正解です!


しかしコンタクトレンズ装用の辛さから開放されます。

そして手術後は個人差はありますが1~3ヶ月程度、ドライアイが強くなる場合があります。

理由は一時的に神経が切断されてしまう為でその神経が繋がるまでの間です。

術後ドライアイを感じる方は角膜の水分を保持する点眼薬によって症状が改善していきます。

ドライアイには角膜表面を保護する目薬の点眼が効きますが、一般の薬局で販売されている

ものでも大丈夫です。

(なみだロートドライアイ、サンテドライケア、マイティアモイスチャーAなど)

涙に近いもので、刺激の少ないものをお選びください。

この時期は冷房が聞いているので、しっかり点眼して乾燥に気をつけてください。

また、もともとドライアイの方は手術後に治療(涙点プラグ挿入)をすることも出来るそうです。


まずは無料説明会で詳しく聞いてみて下さい。専門スタッフが詳しく応答してくれますよ!


無料説明会のお申し込みはこちら


最後まで見て下さって有難うございます。 ついでにポチっとクリックして応援お願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ    人気ブログランキングへ











  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beshika1121.blog74.fc2.com/tb.php/41-3bd9c80c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。