神戸クリニックでレーシック手術を受けるまで~

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お盆ですね♪ みなさん実家でくつろいでますか?

お盆の連休を利用してレーシックを受ける方も多いらしいですよ。

今日は産経ニュースの記事からの抜粋ですが、気になる記事なので

最後までよく読んで下さいね!!! 

若い女性を中心に人気が高いおしゃれ用カラーコンタクト(カラコン)を使い

目に異常を訴えた人が今年2月までの約2年半に167人に上り、うち21人は

失明の恐れがある角膜潰瘍など重症
になっていたことが10日経済産業省所管の

独立行政法人「製品評価技術基盤機構(NITE)」の調査で分かった。

調査結果を受け、厚生労働、経産両省は同日、カラコンを通常の視力矯正用

コンタクトレンズと同様に医療機器として薬事法で規制し、安全性を確保する方針を

固めた。


外部専門家の審議を経て、年度内に薬事法の省令を改正し、高度管理医療機器とする。

現在は「雑貨」扱いとされているカラコンは、インターネットや通販などで自由に

販売されているが、高度管理医療機器とされた場合、発売には厚労相の承認が必要

になるほか、販売店は都道府県知事の許可が必要になり、厳しい管理が義務付けられる。

厚労省審査管理課は「カラコンは主に美容用として使用されているが、目に入れるもの。

身体に直接影響のあるものであり、高度管理医療機器として指定、法規制する必要がある」

としている。

ただ、矯正用コンタクト購入にあたっては医師の処方が求められるが、度がない

カラーコンタクトの処方をどう規定するかについては、「眼球に合っているかを診察する

必要があるかもしれないが、詳しい対応は未定」(同課)という。

NITEが全国の眼科医を対象に行ったアンケート調査では、カラコンによる目に異常が

起きたのは167人で、角膜炎、角膜潰瘍などを発症していたことが判明。

このうち21人が失明につながる恐れがある重症で、軽症も146人、後遺症の可能性

がある人も19人に上った。

手入れの不十分など使用方法に問題があったケースが53%を占める一方で、着色剤が

漏出するなどカラコンの低品質が原因となったものが17%もあった。


また、NITEが市販のカラコン10銘柄を10点ずつ購入して調べたところ、傷や割れ

汚れのほか、同じ銘柄でも直径や屈折力などが一定していないなど、9銘柄で品質

に問題があった。 (以上)

詳しくはこちらから : 産経記事 カラーコンタクト

ちょっと怖いですね・・・ 使用されている方は大丈夫ですか? 

カラーコンタクトだけではなくコンタクトを乱用されてる方も自分の目は大切にして下さいね。



9月度 無料説明会 受付開始しています。 お早めに!
神戸クリニック


参考になった方は応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ


人気ブログランキングへ





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://beshika1121.blog74.fc2.com/tb.php/43-26ed975a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。